資金を早く借りたいなら|事業者ローンを検討する

お金を借りられるサービス

カードローンサービスには借入限度額が設定されており、その範囲内であれば自由に現金を借りられます。借入限度額設定は計画的な利用と審査の通過に関わってくるため、借りられるからと高く設定しすぎないようにしましょう。

事業用の資金を借りる方法

お金

優良な業者の見分け方

事業用の資金を借りるなら、ビジネスローンや事業者ローンを利用することになります。個人向けのカードローンは基本的に資金使途が自由ですが、事業資金には使えません。銀行の事業者ローンを利用することができれば一番良いでしょう。銀行は社会的な信用がとても高い金融機関であり、金利も低めになっているので、総合的に消費者金融などよりもメリットがあります。しかし、銀行の事業者ローンの審査には時間がかかる傾向があり、用意する書類も多めです。また、会社の代表者が連帯保証人になることを求められるケースが多く、場合によっては土地や建物を担保に提供しなければなりません。希望する金額がそれほど大きくなく、手軽に借りたいならば、消費者金融の事業者ローンを利用することがおすすめです。消費者金融の事業者ローンならば、早ければ3日程度で融資を受けることができます。また、基本的に無担保・保証人なしで借りることができます。消費者金融の中には、悪質な業者も混じっているので、しっかりと信頼できる業者であることを見極めなければなりません。違法な業者は個人をターゲットにしているというイメージがありますが、事業者をターゲットにした詐欺なども存在します。公式ホームページを見て、住所、代表者氏名、固定電話番号、貸金業登録番号などの基本的な情報が記載されていることをしっかりと確認しておきましょう。不安な場合には、知名度が高く、すでにたくさんの口コミや評判が出ている大手の消費者金融などを選んでおくのが無難です。

カードを渡す人

緊急時の対応力が高い

銀行のカードローンは収入証明が不要なのでおすすめです。カードローンは即日融資を行っていることが大きな特徴ですが、外出時、即日融資を受けたくても、収入証明を携帯していないことで受けられない場合もありますから、収入証明不要な銀行のカードローンがおすすめなのです。